今年度が太陽光発電導入のチャンス!?

今日本では、再生可能エネルギー特別措置法が2012年7月1日から施行され、太陽光発電を含む再生可能エネルギーの利用促進が加速されています。
そんな中、住宅用太陽光発電システムの導入についても、導入時の補助金が昨年度よりさらに優遇され、また、発電電力の買取価格も昨年と同様の価格に据え置かれました。
それにより、今まで太陽光発電の導入時のハードルであったコスト面のハードルはかなり下がり、以前と比較してかなり早期に初期投資を回収できる見込みが出てきました。コスト的懸念がなくなれば、太陽光発電の導入をむしろ積極的に考えられるのではないでしょうか。導入前に押さえておくべき各事項を確認して太陽光発電によるエコライフを始めてみてはいかがでしょうか。

>> ネットで簡単見積もりをしてみる <<


太陽光発電の基礎知識

太陽光発電に必要な機器

太陽光発電システムはどんな機器で構成されているのでしょうか。太陽光発電システムを構成している主な機器を見てみましょう。

太陽電池モジュールの種類

太陽光発電の基幹部分である太陽電池モジュール。太陽電池モジュールにはいくつか種類があり特性が異なります。基礎知識として押さえておきましょう。

太陽光発電のメリット

太陽光発電にはどういうメリットがあるのか見てみましょう。

太陽光発電のデメリット

メリットだけでなく、デメリットもきっちり把握しておきましょう。

太陽光発電の補助金

平成25年度の補助金

平成24年度の補助金

太陽光発電を導入場合、補助金がもらえます。補助金についてしっかり把握しておきましょう。

太陽光発電の電力買取価格

平成25年度の買取価格

平成24年度の買取価格

平成23年度の買取価格

太陽光発電で余った電力は電力会社に買い取ってもらえます。買取価格についても確認しておきましょう。

損益分岐シミュレーション(概算)

平成24年度の損益分岐シミュレーション

平成23年度の損益分岐シミュレーション

太陽光発電の損益分岐シミュレーションを考える上では、設置する太陽光発電の発電量、設置する地域、方角、初期費用、補助金、売電量などさまざまな要素があり、一概にはいえませんが、ここではモデルケースを定めてどのくらいになるのか、おおよそのシミュレーションをしてみました。

太陽光発電メーカー比較

太陽光発電メーカー(国内編 その1)

太陽光発電メーカー(国内編 その2)

太陽光発電メーカー(海外編)

太陽光発電システムを扱っているメーカーにはどのようなメーカーがあるのでしょうか。導入時にはどのメーカー製品を設置するか決める必要がありますので、主なメーカーについて押さえておきましょう。

見積りをしてみよう

太陽光発電導入前には慎重な業者選びと申請内容の把握をしよう!

J-PEC(太陽光発電普及拡大センター)のサイトにて、太陽光発電導入時の業者選定に関する注意事項が記載されていますのでポイントをまとめています。

ネット見積りサイトで太陽光発電の概算見積もりをしてみよう

太陽光発電システムの正確な見積りをするには現地調査が必要ですが、いきなり現地調査をお願いするのは何かと手間がかかります。まずは、ネットで完結できる簡易見積りをしてみることをおすすめします。