太陽光発電のデメリット

太陽光発電を導入するに前に、デメリット(弱点)についても把握しておきましょう。

夜は発電できない

太陽光発電 夜は発電できない

太陽光発電は太陽の光のパワーで発電するので、日が照っていない夜は発電することができません。夜間の電力は電力会社から通常通り購入する必要があります。

天候により発電量が左右される

天候により発電量が左右される太陽光発電は、曇りや雨の日は発電量が少なくなりますので、天候により年間の発電量も変わってきます。
地域により、年間の日照時間は概ね一定していますが、近年、天候が変わってきていることもあり、予想より少ない発電量になる可能性もあります。
予想より発電量が少なくなると、電力会社から買う電力が増えたり、売電できる電力が減ったりする可能性があり、予想していた経済効果より下回るリスクがあります。

機器の故障による費用負担増

太陽光発電システムは作りがシンプルで故障しづらいとはいえ、機器ですから故障のリスクはあります。保障期間は10年程度のところが多いので、10年間は安心ですが、逆に10年以降は予定していなかった費用がかかる可能性があります。

デメリットを踏まえたプラン作りをしよう

上記のようなリスクを踏まえ、導入時の経済シュミレーションをする場合は、楽観プランではなく、考えられるリスクを考慮したプランでどうなるのか、を考えたほうがよいでしょう。