太陽光発電システムに必要な機器

太陽光発電システムはどのような機器で構成されているのでしょうか。実際に設置する場合は、どのような機器があるのかを知ることが必須になりますので、太陽光発電システムの主要な機器構成を押さえておきましょう。

太陽電池モジュール

太陽光発電モジュール太陽電池モジュールは、太陽電池(セル)を組み合わせて一枚の板状にしたもので屋根に設置し太陽の光エネルギーを電力に変換する機器です。太陽の光があたりやすいように通常屋根に取り付けます。太陽電池モジュールには、シリコン系太陽電池、化合物系太陽電池などいくつか種類があり、その種類により特性が異なります。
太陽電池モジュールの性能を測る指標としては、「変換効率」があり「変換効率」が高いほど、性能がよい(より多くの電力を発電できる)とされています。

パワーコンディショナー

パワーコンディショナー太陽光発電で発電した電気は「直流」のため、家庭で利用できる「交流」に変換しなければなりません。「交流」に変換するのが、パワーコンディショナーで、太陽光発電システムには必須の装置です。また、電圧、電流、周波数なども調整し家庭で使える状態する役割をもっています。
パワーコンディショナーの性能を測る指標として、「電力変換効率」があります。この「電力変換効率」が高いほど、太陽光電池モジュールで発電した電気をより効率よく使えるようになります。

接続箱

接続箱太陽電池モジュールで発電した直流電流を集めて、パワーコンディショナーに送る装置です。
最近ではパワーコンディショナーと接続箱一体型のパワーコンディショナーも発売されています。

住宅分電盤

住宅分電盤分電盤とは、電気を安全に使用するために必要な漏電ブレーカーや安全ブレーカー、アンペアブレーカーを1つにまとめた箱のことで急な電圧の変化や過電流から電気機器を守る機器です。通常電気を利用している家庭なら、必ずついているものですが、太陽光発電システムを導入する場合、太陽光発電システムで発電した電気と、電力会社から供給されている電気でそれぞれにブレーカーを付けた専用の分電盤が必要になります。