太陽光発電のメリット

太陽光発電システムを設置・導入する前に、太陽光発電にはどんなメリットがあるのか、押さえておきましょう。

クリーンで枯渇しないエネルギー

太陽光発電の最大なメリットは「クリーンで枯渇しないエネルギー」だ、ということです。太陽光発電は文字通り、太陽の光をエネルギー源としているため、枯渇することはなく、また、発電時に廃棄物を排出しません。そのため、一般家庭にも容易に設置することが可能です。
また、CO2も排出しないので、とてもクリーンなエネルギーだと言えます。

シンプルでメンテナンスしやすい仕組み

太陽光発電の仕組みはとてもシンプルです。(「太陽光発電システムに必要な機器」参照)
シンプルなため、日光が当たるスペースがあれば、どこにでも設置可能です。
発電部分のソーラーパネルにはほとんど稼動部がないため、故障リスクも低く、日常的なメンテナンスもほぼ必要ありません。

自家発電による経済的メリット

太陽光発電で発電した電気をそのまま家庭で利用することが可能です。発電利用分は自家発電なので電力会社から供給される電気は利用する必要はなく、電気代に対して経済的なメリットがあります。

売電による経済的メリット

日中に発電されて、家庭で消費しきれなかった余剰電力は電力会社に売ることが可能です。電力を売ることで収入が得られますので、経済的メリットがあります。

停電時の非常用電源として利用可能

太陽光発電システムを設置している場合、停電時に太陽光発電を非常用電源として利用可能です。しかし、以下の制約があります。

  • 停電時は運転モードを「自立運転」に切り替え、非常用コンセントからのみ電源の供給が可能になります。また、非常用コンセントからの電源供給量は設置している太陽電池モジュールの出力量にかかわらず、1.5kwが上限となっています。
  • 太陽の出ていない夜間は発電できません。また、曇りや雨の日の発電量は少なくなります。

停電時もいつもの生活と同じように電気を使えるわけではありませんが、停電時も電気を使えるのは防災観点からも大きなメリットと言えます。

太陽光電池モジュールによる断熱効果

太陽電池モジュールは通常家屋の屋根に取り付けますが、屋根を太陽電池モジュールで覆うことにより断熱効果が生まれ、夏は屋根への直射日光を遮ってより涼しく、冬は外部への放熱を抑えてより暖かく過ごせるようになります。その結果、エアコンの使用率が減り、さらなる節電にもつながる可能性があります。