太陽光発電 平成24年度の補助金額

太陽光発電システムを設置する場合、導入時に補助金をもらうことができます。
補助金額は大きく分けて「国の補助金」「地方自治体の補助金」の2つがあります。

国の補助金

太陽光発電設置時に国からもらえる補助金です。この補助金は条件を満たしていれば誰でももらうことができます。

補助金を受けられる条件は、1kwあたりのシステム価格と、太陽モジュールの変換効率があり、それぞれ以下のように定められています。

1kwあたりのシステム価格(税抜)

  • 1kW当たりのシステム価格が 55万円以下のもの      3.0万円/kWを補助
  • 1kW当たりのシステム価格が 47.5万円以下のもの    3.5万円/kWを補助

※1kW当たりのシステム価格 = 補助対象経費 ÷ 太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値

1kwあたりのシステム価格については、価格が安いほうが補助金額が大きくなっています。これは、システム価格を下げ、太陽光発電の普及をより促そうという意図が感じられます。
太陽光発電設置業者は補助金が受けられない価格設定だと売れないため、1kw当たりのシステム価格を補助金額が受けられる価格まで下げざるをえず、太陽光発電の実質的な値下げの要素になっています。

前年の平成23年度は、1kwあたりのシステム価格が60万円以下のもので4.8万円でしたから、今年度はより購入者に有利な設定になっているといえます。

太陽電池モジュールの変換効率基準

1. シリコン単結晶系  :  16.0%以上
2. シリコン多結晶系  :  15.0%以上
3. シリコン薄膜系   :  8.5%以上
4. 化合物系      :  12.0%以上

太陽電池モジュールの変換効率については、モジュールの種類により上記のように定められています。補助対象になる変換効率にについても、前年度と比較し、引き上げられており、より高性能なモジュールが補助対象となっています。

補助金の申請

国から支給される太陽光発電の補助金は上記条件を満たした太陽光発電システムを設置したうえで、申請をする必要があります。
申請の方法の詳細については、「J-PEC 太陽光発電普及拡大センター」のホームページを参照してください。なお、実際の申請時には、設置業者などが手続きを代行してくれる場合がありますので、相談してみるとよいと思います。

地方自治体の補助金

地方自治体の補助金は、お住まいの都道府県、市区町村でそれぞれ実施されていることがあります。補助金額、補助申請の期間などは各自治体により異なりますので、詳しくは各自治体のウェブページを参照するなどして確認していただく必要があります。

地方自治体の補助金は、国の補助金より補助額が多いこともありますので、受けられるものは全てうけるようにしましょう。

補助金額の例

例えば、東京都杉並区にお住まいの方が、4kwの太陽光発電システムを設置した場合にどのくらいの補助金がもらえるのか見てみましょう。
※この情報は 2012/6/15 時点の情報です。最新の情報は各自治体にお問合せください。

国の補助金:35,000円 × 4(kw)= 140,000円
※1kw当たりのシステム価格47.5万円以下のシステムを導入した場合で計算
東京都の補助金:100,000円 × 4(kw)= 400,000円
杉並区の補助金:40,000円 × 4(kw)(上限12万のため)= 120,000円
補助金額合計660,000円

1kw当たりのシステム価格47.5万円で4kwの太陽光発電を導入する場合は、導入費用は

47.5万 × 4kw = 190万

になりますが、補助金が66万円支給されますので、実質の費用負担は、

190万 - 66万 = 124万

となり、かなりリーズナブルな価格になっています。太陽光発電の売電価格とあわせて、導入時の経済効果をシュミレーションしてみるとよいと思います。
※太陽光発電の導入時の費用にはシステム価格以外に諸経費がかかる場合があります。