太陽光発電 平成25年度の補助金額

平成25年度の太陽光発電システムの導入にかかわる国の補助金額が決定しました。
補助金額は大きく分けて「国の補助金」「地方自治体の補助金」の2つがありますが、ここでは国の補助金について説明します。

国の補助金

太陽光発電設置時に国からもらえる補助金です。この補助金は条件を満たしていれば誰でももらうことができます。条件としては1kWあたりのシステム価格に上限があります。

1kwあたりのシステム価格(税抜)

  • 1kW当たりのシステム価格が 41万円以下のもの    2.0万円/kWを補助
  • 1kW当たりのシステム価格が 50万円以下のもの    1.5万円/kWを補助

※システム価格とは、太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナ、その他付属機器、および設置工事に
係る費用を含みます。

1kwあたりのシステム価格については、価格が安いほうが補助金額が大きくなっています。これは、昨年度も同様であり、引き続きシステム価格を下げ、太陽光発電の普及をより促そうという意図が感じられます。
太陽光発電設置業者は補助金が受けられない価格設定だと売れないため、1kw当たりのシステム価格を補助金額が受けられる価格まで下げざるをえず、太陽光発電の実質的な値下げの要素になっています。

前年の平成24年度は、47.5万円以下の場合は3.5万円/kW、55.0万円 以下の場合は3.0万円/kWの補助を実施しています。補助金額自体は前年度より下がりましたが、システム価格が下がっていることで、実質的には昨年度よりやや購入者に有利になっています。

補助金の申請

国から支給される太陽光発電の補助金は上記条件を満たした太陽光発電システムを設置したうえで、申請をする必要があります。
申請の方法の詳細については、「J-PEC 太陽光発電普及拡大センター」のホームページを参照してください。なお、実際の申請時には、設置業者などが手続きを代行してくれる場合がありますので、相談してみるとよいと思います。

地方自治体の補助金

地方自治体の補助金は、お住まいの都道府県、市区町村でそれぞれ実施されていることがあります。補助金額、補助申請の期間などは各自治体により異なりますので、詳しくは各自治体のウェブページを参照するなどして確認していただく必要があります。

地方自治体の補助金は、国の補助金より補助額が多いこともありますので、受けられるものは全てうけるようにしましょう。

また、地方自治体の補助金は予算が限られているため、タイミングによっては受けられない可能性があります。申請の期間等についてはよく調べておいたほうがよいでしょう。