ソーラーフロンティア、CIS技術で変換効率19.7%達成

 ソーラーフロンティア株式会社は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究を受けて、カドミウムを含まない薄膜太陽電池のセル(約0.5cm2)として世界記録となるエネルギー変換効率19.7%(産業技術総合研究所で測定)を達成したと発表しました。

 今回の世界記録は、小面積用に開発したセルではなく30cm角基板から切り出したセルで実現したものであり、今後の大面積化のポテンシャルの高さを証明するものであり、今回の記録はこのCIS技術の常識を塗り替えたとしています。

 今回達成したエネルギー変換効率は、ソーラーフロンティアの技術力の高さと、CIS技術の潜在能力の高さを示すもので、ソーラーフロンティアが現在販売するCIS薄膜太陽電池モジュールは、影や熱に強いため実発電量の高さに定評がありますが、今回達成された基礎技術を応用することで今後更に高い実発電量が実現できるとのこと。

ソーラーフロンティアは昭和シェル石油のグループ会社で、CIS薄膜太陽電池生産では高いシェアをしめています。
他の日本の太陽電池メーカーが苦戦しているなか、CIS薄膜という独自路線で国内メーカーとしては善戦していると思います。

今後も独自の技術を開発し、世界で活躍してほしいですね。


参考:ソーラーフロンティア、CIS技術で変換効率19.7%達成