楽天・伊藤忠、太陽光発電事業で提携拡大

楽天と伊藤忠商事は、伊藤忠が保有する日本エコシステムの株式の一部を、楽天の100%連結子会社であるRSエンパワメント(RSE)が取得することについて、合意したと発表した。関係当局の必要な許認可を経て、株式の取得を実行する。株式取得後はRSEが日本エコシステムの株を33.40%保有し、伊藤忠商事の保有比率は現在の82.65%から49.25%となる。

2012年7月に楽天と日エコの事業提携により開始した「楽天ソーラー」においては、既に多くの販売・施工実績があり、楽天の持つ強力なネット販売網との融合により日エコの太陽光発電システム等販売の更なる強化を目指すべく、RSEへの日エコ株式譲渡を通じて既存の関係をより一層発展させることにした、とのことです。

楽天ソーラーはそもそも、日本エコシステムと楽天との事業提携により開始されていましたが、ここにきて更なる提携を強化するために、楽天による株式の取得をすることに至ったようです。


参考:日本エコシステムと楽天との資本業務提携の件