パナソニック 「HIT®太陽電池が世界最高変換効率 24.7%を研究レベルで達成」と発表

 パナソニックは、HIT®太陽電池で、実用サイズ(100cm²以上)の結晶シリコン系太陽電池の変換効率としては世界最高となる24.7%を、セル厚み98µmにて、研究レベルにおいて達成したと、発表しました。

今回達成した変換効率は、HIT®太陽電池の過去最高値(23.9%)を0.8ポイント、これまで実用サイズ(100cm²以上)で報告されている単結晶シリコン太陽電池の最高値を0.5ポイント上回る値であり、HIT®太陽電池が極めて高い変換効率を有していることが実証できたとし、また、セル厚み98µmで世界最高効率を更新できたことは低コスト化の観点でも意義は大きく、今後とも他社に対する差別化戦略として高効率化と低コスト化の両立を推進していくとしています。

HTI太陽電池

 HIT®太陽電池は同社独自の太陽電池で、発電層である単結晶シリコン基板表面に高品質のアモルファスシリコン層を積層することで、電気の素であるキャリア(電荷:マイナスとプラスの電気の粒)の再結合損失(太陽電池内部で作り出したプラスとマイナスのキャリアが太陽電池内部で結合して消滅することにより、取り出せる電流や電圧が減少して、結果として太陽電池の出力が低下すること)を低減できることにあります。

日本独自の太陽光電池として、パナソニックには今後もがんばってほしいですね。


参考:HIT®太陽電池が世界最高変換効率24.7%を研究レベルで達成