新型リチウムイオン電池内蔵の住宅用大容量蓄電池「POWER iE 6」

エリーパワー iE6

エリーパワーは、蓄電容量が6.2kWh、最大出力が3000Wの新型リチウムイオン電池セル内蔵の住宅用定置型蓄電システム「POWER iE 6 (パワーイエ・シックス)」を開発し、3月より販売を開始すると発表しました。

この蓄電池は、深夜電力や太陽光発電システム、燃料電池等で発電した電力を貯めて、家庭全体の電気製品に電力供給することができ、そして、貯めた電力を昼間に活用することで電力のピークカット・ピークシフトができる他、エネルギーの有効活用と電気料金の削減にも貢献します。

また、停電時には蓄電池用コンセントから電力の供給が可能で、LED照明(35W)3台、冷蔵庫(160W)1台、テレビ(150W)1台を同時に稼働させ続ける場合、最長で12時間にわたって電力を供給し続けるとのこと。
これだけ蓄電できると、本当の実用性を感じさせてくれますね。

一般に蓄電システムと太陽光発電システムとを併設した場合、太陽光発電システムで発電した余剰電力の売電中に蓄電システムから家庭内に電力を供給すると売電量が増加するため「ダブル発電」区分が適用され、余剰電力の買取価格は34円/kWhになりますが、本製品の「太陽光運転モード」では、太陽光発電システムで発電した余剰電力の売電中は蓄電システムから家庭への電力供給を停止するため、42円/kWhの買取価格が適用されます。
※買取価格は24年度の場合

価格はオープンで、実売価格が230万円前後になると想定されています。経済産業省の「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」の対象となっているため、本体価格の1/3に当たる額の補助を受けられ、仮に価格が230万円とすると、76万円程度の補助を受けられることになり、導入時の費用負担は154万円程度となる見込みです。