自作太陽光発電システムに新ラインナップ

以前、「自分で作れる太陽光発電所キットが好調」の記事で紹介した、Looopの「MY発電所キット」に新しいモデルが追加されました。

今回新しく発売されるのは、
・MY発電所キット 地上型 多結晶250Wパネル 48枚セット 12kW 2,785,000円
・MY発電所キット 地上型 多結晶300Wパネル 48枚セット14.4kW 3,150,000円
の2商品。

新商品の大きな特徴として、4本バスバーを使用した多結晶モデルを新たにラインナップに加えています。また、太陽電池は4本バスバー電極セルにより多結晶で世界トップレベルの変換効率を達成し、マイナスなしのプラス公差発電出力を実現。さらに、長期利用を約束する25年間の出力保証をつけることで、価格を抑えながら、高出力、高サポートの商品にしたとしています。

looop

また、保障内容をバージョンアップしたとしています。
これまでもMY発電所キットには、自然災害・盗難・悪戯など被害を受けた際の発電設備に対応する補償を行うサービスが提供されていましたが、従来の補償内容に加えて、罹災した際の逸失した売電利益を補償することができる3ヶ月間の利益補償を付けて、万が一の際の売電利益の減少に備えられるとしています。

今年度の太陽光発電による売電価格は、10kW以上の産業用で37.8円/kWh(税込)、買取期間は20年間となり、昨年度よりは下がったが、引き続き採算のとれる価格設定のため、需要はありそうです。


参考:新商品「MY発電所キット多結晶モデル」のリリースおよび、「MY発電所キット」の商品付帯補償のバージョンアップのご案内