パナソニック 住宅用太陽光発電システム HITシリーズに新製品

パナソニック HIT

パナソニックは、住宅用太陽光発電システム向けの太陽電池モジュール「HITシリーズ」の新製品を発表しました。新しいHITは、出力、モジュール変換効率をさらに向上させた標準サイズモジュールと、同社従来品に比べて搭載可能な屋根材が増えたハーフサイズモジュールで、6月27日より受注を開始するとのこと。

今回新しく発売されるのは、「HIT 240α/245α」「HIT ハーフタイプ120α」。
「HIT240α/245α」出力、モジュール変換効率をさらに向上させた製品で、「HIT ハーフタイプ120α」はハーフサイズモジュールで、パナソニック従来品に比べて、搭載可能な屋根材が増えたということです。これにより、設置面積の限られた狭小屋根や複雑な形状の屋根においても、高容量の太陽電池の搭載が可能となり、より多くの発電量が期待できます。

「HIT245α」は公称最大出力245Wで、モジュール変換効率19.1%。希望小売価格(税込・工事費別)は16万8,000円で、本製品のみ受注生産となる。

「HIT240α」は公称最大出力240W、モジュール変換効率18.7%、希望小売価格(税込・工事費別)139,650円。「HITハーフタイプ120α」は公称最大出力120W、モジュール変換効率18.1%、希望小売価格(税込・工事費別)69,825円。


参考:「HIT® 240α/245α」「HIT® ハーフタイプ120α」受注開始