太陽光発電 平成24年度 損益分岐シミュレーション

太陽光発電の損益分岐を考えてみます。損益分岐は補助金額、発電量など人によりさまざまな要素があり、一概にはわかりませんが、一般的なモデルケースを想定し、どのくらいで元がとれるのかを考えてみました。

太陽光発電の導入価格

平成24年度については、1kwあたりのシステム価格が55万円以下で3万円、47.5万円以下のもので3.5万円となっています。ここでは、1kwあたり47.5万円で 4kw の太陽光発電システムを導入した場合で考えてみましょう。

4kw × 47.5万円 = 190万円

補助金

国の補助金は太陽光発電のシステム価格が47.5万円以下のものは、1kwあたり3.5万円です。4kwのシステムを導入した場合は、

4kw × 3.5万円 = 14万円(国の補助金)

となります。
国の補助金以外に、地方自治体の補助金もありますが、地域によってかなりばらつきがあります。ここでは、神奈川県横浜市の場合で計算してみます。

5.2万円 神奈川県からの補助金
6.0万円 横浜市からの補助金 
※2012年7月時点の補助金です。

補助金額合計 = 14万円 + 5.2万円 + 6万円 = 25,2000円

実質導入価格

導入価格は、上記のシステム価格から国の補助金を引いた額で考えてみます。

190万円(導入価格) - 25.2万円(補助金) = 164.8万円

発電による日中帯の電力料金節約

電気料金は家庭ごとにかなり異なると思いますが、1ヶ月平均 1万円、年間12万円で考えて見ます。
4kw程度の太陽光発電導入した場合、日中の消費電力は太陽光発電の発電電力でまかなえるため、一般的には電気代は導入前の6割程度になると言われています。
とした場合、節約できる電気料金は、

毎月 4,000円 × 12ヶ月 = 48,000円

となります。

売電による電気代収入

一般的には、太陽光発電で発電する日中の電力の約40~50%は自家消費分、約50~60%が余剰電力になるといわれています。余剰電力は電力会社に売ることができます。ここでは、50%が売電できると考えてみます。また売電価格は平成24年度の売電価格である42円で計算します。

年間売電額 = 4kw × 0.5 × 42円 = 84,000円

損益分岐点

初期投資を何年間で回収できるか、以下の式で考えて見ます。
初期投資費用 ÷ (1年間で節約できる電気代 + 1年間で売電できる電気代)

164.8万円 ÷ (4.8万円 + 8.4万円) = 12.5年

上記の計算だと、およそ12.5年で初期投資が回収できて、それ以降は毎年13.2万のプラスになる計算になります。
ただし、この計算は、

  • ・10年以降も売電価格が42円のまま継続される。
  • ・10年目以降の機器の修理費は費用に含めていない。

のを前提として計算しているため、実際にはもう少し年数がかかるかもしれません。特に余った電力の売電価格は10年間は固定ですが、11年目以降はいくらになるのか、現時点ではわからないため、なるべく10年に近い年数で損益分岐点を迎えられるのがベストな選択と言えそうです。